インプラント治療成功の秘訣

インプラント治療成功の秘訣

インプラントは患者様にとって「第二の永久歯」となる大切なもの。治療は確実に成功させたいですよね。ここでは、以下の倫理的観点から、大阪の「インプラント 大阪 入れ歯情報センター」が考えるインプラント治療成功の10の秘訣をご紹介します。

 

  • 外科的観点(口腔外科専門医であるか?)
  • 歯周病的観点(歯周病の治療ができるドクターか?)
  • 補綴的観点(機能性を重視できるドクターか?)

 

インプラント治療成功の秘訣10

1.インプラント以外の知識が必要

インプラント以外の知識が必要

インプラントは顎の骨に埋入したら終わりではなく、その後に人工歯をかぶせる治療が続きます。そこからインプラントを長持ちさせる為の定期検診に移行するのです。埋入さえ終われば自然に歯ができるわけではありませんし、そのまま維持し続けられるとは限りません。その為、かぶせ物の知識や噛み合わせの知識、そして歯周病の知識など、インプラントだけではなく他科の広い知識や経験が必要となるのです。 インプラント治療の成功率を高める為には、学会、勉強会、講習会等へ積極的に参加し、国外からも広く知識・技術を学ぼうとする意欲が大切です。技術を高める為の努力を怠らない医師が施術をすれば、まず間違いはないでしょう。「Serendipity Dentistry かわさと歯科」では、高血圧や糖尿病、骨粗しょう症などの全身状態を把握し、他科との連携を取ることを重要視しております。

 

 

2.常に最先端の情報・技術を習得

インプラント治療に限らず、歯科治療は日進月歩のスピードで進化しています。その為、講習会や学会等に頻繁に出席あるいは発表し、常に世界最先端の情報の収集と技術の習得が必要です。なぜならば日本は現状、歯科医療の分野では先進国に比べて数年遅れをとっており、日本で行われている歯科治療が海外ではすでに行われていないこともあるからです。インプラント治療成功の為には、世界最先端の知識・技術を学ぼうとする意欲が必要だと言えるでしょう。

 

 

3.インプラントの実績が豊富

インプラントの実績が豊富

当然のことですが、インプラント治療の実績が豊富でなければ確実な成功は望めません。当サイトを監修する「Serendipity Dentistry かわさと歯科」で、初めてインプラント埋入を行ったのは1993年。それ以来、現在までずっとインプラント治療を継続して行っています。実績としては、年間100~300本のインプラント埋入を行っております。 2007年5月現在で、インプラント経験年数14年、埋入実績は2,000本以上。成功率は5年以内のインプラント生存率99%、10年以内インプラント成功率98%という高い数値を誇っています。「インプラント 大阪 市/インプラント 大阪 入れ歯情報センター」は、数値に裏付けられた技術と豊富な実績に絶対の自信と信頼を持って治療にあたっております。

 

 

4.万全の設備

インプラント治療の際は、手術中の感染防止対策が必要です。「インプラント 大阪 市/インプラント 大阪 入れ歯情報センター」では、ガラス張りのオペ室を完全個室として完備し、入り口は自動ドア、室内には3分で無菌状態にできる「手術用空気清浄ユニット(クリーンエリアプラス)」を備え付けています。また、天井埋め込み型のオペ用ライト(ルミナンスライト)と軟らかいチェアーで圧迫感を防ぎ、長時間でも苦痛にならない様に施術します。 CT撮影病院との提携もしておりますので、必要に応じて撮影することも可能です。

 

 

5.手術器具等の減菌

手術器具等の減菌

インプラント治療が失敗する原因として、手術中の感染が考えられます。手術中に感染してしまっては、インプラント治療が失敗に終わってしまうばかりか、肝炎などの感染にまで発展する可能性が出てきます。そうしたリスクを回避する為にも、確実に減菌した器具を使うことが必要です。 「インプラント 大阪 市/インプラント 大阪 入れ歯情報センター」では、手術の際に小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準(prEN13060)で、クラスBオートクレーブの「ゲティングHS22(スウェーデン製)」を使用しています。クラスBオートクレーブとは、「歯科」ではなく「医科」の水準をクリアする高機能滅菌器のことです。また、歯科医師だけでなくアシスタントも滅菌された手術衣を身に付けて手術を行います。

 

 

6.必要最小限の外科手術

手術はなるべく簡単に、かつ素早く手際良く行うことが重要です。なぜなら、手術時間が長くなることで手術部位への侵襲も大きくなり、感染の機会も増えてしまうからです。その為、術前の診査・診断・治療計画が不可欠となります。「インプラント 大阪 市/インプラント 大阪 入れ歯情報センター」では、なるべく外科的負担がかからないような手術方法を選択し、手術時間の短縮に努めております。 当医院ではサイナスリフト、骨移植、GBR、スプリットクレスト等、ほとんどの外科手術が可能です。しかし、最小限の侵襲で最大限の結果を考え、他に方法のない場合にのみ行うこととしております。さらに、現在はインプラント自体の改良により、小さくても十分使える物が作られている為、外科的に対処する必要性は減少しつつあります。

 

 

7.歯科衛生士のクリーニングと管理

歯科衛生士のクリーニングと管理

インプラントを成功させるには、術前術後の歯周組織の管理が欠かせません。管理を成功させるには、歯科衛生士によるプログラムされたクリーニングが必須になります。術前術後の管理ができていて炎症がなければ、痛みは少なく治りも早くなります。インプラントは、噛めるようになったら終わりではなく、その後の管理も非常に重要です。 インプラントは、歯周病にさえならなければ、基本的にいつまでも使用できます。インプラントの10年後の生存率(残存率)は、95%と言われていますが、それを高める為にはクリーニングと検診が重要なのです。「インプラント 大阪 市/インプラント 大阪 入れ歯情報センター」では、インプラント治療が終わっても1~3ヶ月おきにクリーニングと検診を行っています。そうすることにより、インプラントはもちろん他の天然歯も守ることができるのです。

 

 

8.インフォームドコンセント

インプラント成功の為には、手術の技術や知識が豊富なだけでは不完全です。重要なのは、患者様が納得できるまで十分な説明がなされ、患者様が歯科医に対して信頼感を持てるかどうか。 「インプラント 大阪 市/インプラント 大阪 入れ歯情報センター」では、インフォームドコンセントを全スタッフに徹底して治療を行っております。インプラントの様な高度医療には、治療技術以上に十分なコミュニケーションが必要なのです。当医院では技術だけでなく、安心感、信頼感、そして人間性を重視した治療を心がけております。

 

 

9.初診カウンセリング

初診カウンセリング

上記で述べている通り、インプラントを含む歯科治療には十分なコミュニケーションが重要です。コミュニケーションをしっかり取る為には、治療に入る前に歯科医と話す機会を何度も持つべきです。 「インプラント 大阪 市/インプラント 大阪 入れ歯情報センター」では院内にカウンセリングルームを設け、診察台ではなく普通のテーブルでカウンセリングを行います。患者様からは個室の為、意見も言いやすく、スクリーンに映像を映して説明する為わかりやすいというご意見をいただいております。基本的には初診時にスタッフがカウンセリングを行い、これまでの歯科医院での不満や治療に対する不安をお聞きします。そこでカウンセリングに必要な資料を揃えた後、歯科医師が治療に関してのカウンセリングを行います。実際にインプラント治療を受けるかどうかは、カウンセリングを受けられてから決めていただけます。

 

 

10.ボナファイドデンティストリー

医師としてもっとも大事なこと。
それは、適切で誠実で良心的な治療を患者様に対して行うこと。

 

 

「インプラント 大阪 市/インプラント 大阪 入れ歯情報センター」では、インプラント治療に力をいれています。
インプラントの治療に関する、ご相談、ご質問等はお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

  • 初めての方へインプラントマンガ資料請求
  • 24時間受付中インターネットで診療予約

無料メール相談

お電話でのお問い合わせこちら0120-40-5535/06-6344-5535

 

PAGE TOP

Copyright © 大阪インプラント入れ歯情報センター All Rights Reserved.