インプラントと予防歯科

50代のインプラント・予防情報

50代のインプラント情報

50代で起こりがちな歯の問題としてもっとも多いのが、歯周病やその他の症状によって歯が抜け落ちてしまうケースです。30代から歯周病の進行が始まり、40~50代で歯が抜け始め、気が付けば総入れ歯…などというケースも少なくありません。

50代のインプラント情報

歯が抜け、もう昔のように美味しく食事をすることができない…。そんな悩みをお持ちの方も多のではないでしょうか。
しかし、現在では様々な最先端の治療が日々開発されています。当サイトを監修する「インプラント 大阪 市/インプラント 大阪 入れ歯情報センター」では、もう一度昔のように「自分の歯で噛める喜び」を噛み締めたい方へ、インプラントをご紹介しております。
インプラントとは抜けた歯の外観と機能を、歯根から歯冠に至るまで修復できる新しい治療法です。歯が抜けてしまった顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせます。
顎の骨に直接埋め込むため、健康な歯を削ったり抜いたりする必要はありません。
また、しっかりと固定されるため違和感もほとんどありません。噛み心地だけでなく見た目までも天然の歯に近いので、食べる楽しみ、歯の美しさを取り戻すことができます。一本だけでも、多くの歯を失っている場合でも治療が可能です。

 

歯が抜けていて、笑うとき気になる方…。人と話すとき自然と口に手をあててしまう方…。
入れ歯をしているけど、硬いものが食べたい方…。昔のように、キレイで丈夫な歯を取り戻したくはありませんか?
また、今の時点で自分の歯に自信がない方、口臭が気になる方、柔らかいものばかり食べてしまう方、そして最近歯科医院にまったく行ってない方。
悩んでしまう前に、まずは「インプラント 大阪市/インプラント 大阪 入れ歯情報センター」までご連絡していただき、一度検診を受けてみて下さい。 当院では、メールでの無料相談に力を入れております。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 初めての方へインプラントマンガ資料請求
  • 24時間受付中インターネットで診療予約

無料メール相談

お電話でのお問い合わせこちら0120-40-5535/06-6344-5535

 

PAGE TOP

予防50歳の人の比較

左の画像は、歯に大変気をつけている方で、1日3回の歯磨きに時間をかけ、歯が痛くなったらすぐに歯科治療を受けてきました。しかし「悪くなったら治療に行く」という考えでいたため、一生懸命歯を磨いているにもかかわらず歯はどんどん悪化してしまいました。また、自己流で強く磨いていたため歯肉も痩せて、最終的には画像で見てわかる通り、歯がボロボロになってしまったのです。

全身疾患と歯周病の関係
全身疾患と歯周病の関係

 

右の方は特に歯磨きが熱心というわけでもなく、歯に関しても特に気をつけているというわけではありません。
しかし長年にわたって3ヶ月に1回程度予防に通っています。
定期的にクリーニングで歯垢、歯石を取っているので何年もの間むし歯になることもなく歯周病の傾向も認められません。

これまでに予防に要した時間や費用は左の方に比べるとごくわずかです。
しかも、歯の健康状態は左の方よりはるかによい状態に保たれています。

悪くもないのに歯科医院に通う、これは不必要で面倒なことでしょうか?

当サイトを監修する大阪の「インプラント 大阪 市/インプラント 大阪 入れ歯情報センター」では、予防歯科に力を入れております。
予防歯科について疑問がある方、予防歯科を受けたいとお考えの方は、お問い合わせフォーム よりお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 初めての方へインプラントマンガ資料請求
  • 24時間受付中インターネットで診療予約

無料メール相談

お電話でのお問い合わせこちら0120-40-5535/06-6344-5535

PAGE TOP

Copyright © 大阪インプラント入れ歯情報センター All Rights Reserved.