インプラントの費用

高い?安い?インプラント治療の全て

インプラント治療は高額だな~と感じられているあなた!本当に高額ですか?

インプラント治療は保険外治療となるため、自己負担額が大きいというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。
しかし、よく考えていただきたいのが、他の治療法と比較した際の寿命や使用感です。たとえばブリッジの平均寿命は7年、入れ歯の平均寿命は5年と言われていますが、インプラントの平均寿命は、なんと35年と言われているのです。
また、ブリッジや入れ歯では天然歯同様に食べ物を噛むのは難しいのですが、インプラントなら天然歯同様に、しっかり噛んで食事を美味しく食べることができます。
もちろん、見た目の美しさでもインプラントがダントツです。インプラント治療の平均費用は35万円ですが、7年ごとに交換が必要になり、周りの歯も悪化させる可能性が高いブリッジや、食事や発音が困難で5年ごとに作り直す入れ歯と比較したら・・・。
インプラントは決して高くない治療だと言えるのではないでしょうか?
歯が健康なうちは、しっかり噛んで食事ができるのが当たり前です。
しかし、歯を失ってしまっては、その生活を完全に取り戻すことは不可能なのです。
そんな方でも、自分の歯に近い使用感を取り戻すことができるのがインプラントなのです。

 

医療費控除の対象になることをご存知ですか?

医療費控除の対象になることをご存知ですか?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合(10万円以上)、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
インプラント治療に関する治療費も、この医療費控除の対象になることをご存知でしょうか?控除申請は確定申告時に源泉徴収票と一緒に、医療費の領収書を税務署に提出することで行います。

 

(実際に支払った医療費の合計額)-(保険金などで補てんされる金額 )-10万円

(注)その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額
(例)生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費・家族療養費・出産育児一時金など
10万円を超える金額であった場合、または所得が200万円未満の人は所得5%を超える金額であった場合、その超えた分に関して控除の対象となります。
実際にどのぐらいの金額が軽減されるかということは、その人の所得税率によって違ってきます。例えば所得税率が10%の人が年間60万円の医療費がかかった場合、上記の式に当てはめた50万円が控除対象となり、税率10%を掛けた5万円が減税になったということになります。

 

インプラント治療について、疑問がある方、
インプラント治療を受けたいけど、どうしよう?とお悩みの方は、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

 

  • 初めての方へインプラントマンガ資料請求
  • 24時間受付中インターネットで診療予約

無料メール相談

お電話でのお問い合わせこちら0120-40-5535/06-6344-5535

 

PAGE TOP

Copyright © 大阪インプラント入れ歯情報センター All Rights Reserved.