インプラントのための矯正治療

インプラントのための矯正

  • 診断用ワックスアップとは
  • プロビジョナル(仮歯)について
  • ルーペ&マイクロスコープで最先端の歯科医療

エクストルージョン

歯を残せるには、骨縁上に3mm以上の、歯肉縁より上に歯が残っていることが必要です。
それより残っている歯が少ないと歯肉が付着する場所がなくなるからです。

 

 

 

エクストルージョンとは矯正によって歯を引き上げることです

 

抜歯すると、歯の大きさだけ骨が下がります。そのことで、歯肉ラインは下がってしまいます。それを事前に防ぐために、インプラント予定の歯を抜歯する前に引っ張りあげる事で、骨もできます。

上の前歯では、エクストルージョンを行うことが多くなります。

 

 

 

 

歯肉ラインの不調和

 

歯肉のラインが揃っていないと不自然に見えます。
歯を引っ張り上げれば歯肉も上がります。そのために裏側から矯正をします。 見えない様に表にシェルを張り付けます。針金と歯をゴムでつないで引っ張り上げています。 簡単な矯正の1方法です。

治療代は、本数により25,000円 or 45,000円 or 70,000円 です。 ※税別
治療期間は約1ヶ月です

抜歯すると、歯の大きさだけ骨が下がります。そのことで、歯肉ラインは下がってしまいます。

それを事前に防ぐために、 インプラント予定の歯を抜歯する前に引っ張りあげる事で、骨もできます。

上の前歯では、エクストルージョンを行うことが多くなります。

 

 

 

スペース調整

審美的要求とかみ合わせの確立のために、歯牙の位置、歯冠幅などを矯正治療により閉塞、移動させることによって、歯科治療に幅をもたせ、審美的にも機能的にも、自然で確実な治療効果が得られます。 スペースを広げることも、狭めることもあります。 トゥースポジション、つまり歯の位置が、インプラント、および歯科治療の治療結果を左右します

 

左右幅の調整

 

スペース調整によって失った歯のスペースが得られ、インプラントによって失った歯が蘇りました。インプラントの前に矯正をいれることで、1ランク上の治療結果が得られます。

 

前後的な調整

 

インプラント治療をハイクオリティーに仕上げる。
そのためには、歯冠幅の調和が必須になります。

  • 初めての方へインプラントマンガ資料請求
  • 24時間受付中インターネットで診療予約

無料メール相談

お電話でのお問い合わせこちら0120-40-5535/06-6344-5535

 

PAGE TOP

Copyright © 大阪インプラント入れ歯情報センター All Rights Reserved.